close

世界ブロックチェーン発展の風見丨2018 ETC韓国サミットの大盛況記事

ETC首尔峰会下周即将盛大揭幕!以太经典社区会有“大动作”!1

2018年9月13日午後、二日間のブロックチェーン業界の大イベント2018 ETHEREUM CLASSIC SUMMITは、韓国ソウルで閉幕を迎えた。

大会期間中、各講演ゲストはETCの過去1年の発展と応用成果、ETC生態系の建設と最適化、ETCとその他のブロックチェーンのクロスチェーン、モノネットワーク現場のデモ、ETC Las生態優位、ETC可能性の解決策、各地域のコミュニティ運営状態、未来路線図計画などの問題についてすばらしい演説を展開した。

ETCアメリカコミュニティ担当者Anthony Lusardiは、1年の実績報告を開会挨拶として発表した。来場者やパートナーにこの一年で、ETCチームの人数、コミュニティメディアユーザー数、ETC取引量、コイン相場などの成長と変化をまとめて報告した。さらに、これらだけではなく、ETCの改ざんできない、非中央集権化な精神によって、ますます多くの人を魅了しているということを強調した。

以下はゲストの講演テーマと内容整理:

ETC Labs CEO Terry Culver:ETCのために生態環境を建設する

ETC Labsは生気に満ちた生態系を維持することを目指し、毎年25個以上のETCプロジェクトをサポートする。これらのプロジェクトは、技術、経済的支持を得ながら、ETC全体の生態環境を豊かにする。スマートコントラクト技術応用ベッティングのプラットフォームCoingameは、ETC Labsからサポートを得て、ETC生態環境の重要な構成部分となっている。

IOHK Researcher Dionysis Zindros:サイドチェーン技術でETCと他のブロックチェーンのクロスチェーン実現

現在、サイドチェーン技術およびスマートコントラクトを通じて、ETCとETHのクロスチェーン転送が、両方のマイナーが協力で達成可能である。また、スマートコントラクトが許可する場合、ETCはほとんどのPOW及びPOSブロックチェーンとクロスチェーンへの転送が可能になる。

Accentureブロックチェーン構造師Cody Burns:ETCモノのネットワークの現場展示

ブロックチェーンで制御するIoTシステムの制御可能性が強く、さらに私密性を備えている。ETCスマートコントラクトで建てられたIoT制御システムは、機械の主人だけ制御できる、生産メーカーなど第三者に監視されない。

ETC韓国コミュニティ中堅人物Kim Gyung Seop:韓国投資家は盲目的に投資から理性的投資へ

ETCは韓国で多くの支持者を持っている。韓国の投資家は、最初の盲目的投資から徐々に現在の技術的に理解する理性的な投資に変わっていくと言った。公式コミュニティの運営は、エラー情報を有効的に回避できる。韓国コミュニティでは、ETC合作社のようなチーム運営による、規模を拡大していて、多くのETC所有者を引きつけている。また、ETC所有者は正確的な情報を得るとともに、チームに意見を述べてコミュニティーのインタラクティブを形成している。

ETCDEV CTO Igor Artamanov:ETCブロックチェーンの拡張可能な解決策

ETCコア開発チームETCDEV CTO Igor Artamanovは現場でサイドチェーン技術の開発理由を述べた:メインチェーンの運行速度が遅くて、取引料金が高く、そして全ノードのソフトウェアが機能の強いパソコン設備が必要としているが、サイドチェーン技術はPOWを採用する必要はなく、取引コストを低減することができる。

現在、ETCはサイドチェーンで取得した業績:ETCがOpenStack Passportプロジェクトで初めてサイドチェーンを実行する。OpenStackは無料で、オープンなクラウドコンピューティングのソフトプラットフォームである。 ファーウェイ、IBM、EMCなどの大手会社と連携している。チーム次の計画は、エメラルドプラットフォームでサイドチェーン技術を統合する。

ETC Labs Chairman James Wo:暗号化通貨は未来の経済システムに影響を与える

暗号化通貨は、伝統的な金融システムと比べて多くのメリットを持っている。具体的には、スマート化、国際化、非中央集権化、安全性及び秘密性の特徴を持っている。これらのメリットは、より多くの応用分野に影響を与えることになる。また、スマートコントラクトを持っているETCは、ほかの暗号化通貨よりも、各アプリケーション分野においてより良い適応性を持つことは間違いない。同様にETHよりETCの価格と伝送スピードは、チェーンに適用される操作に便利している。ETC開発チームはETCチェーンの各機能をアップグレードすることで、暗号化通貨市場での価値向上をさせる。

ETC基金会Virgil Griffith: ETCとETHの協力ゲーム

Virgil Griffithは、ETCとETHがSputnikVM(仮想マシンプロジェクト)で協力の基礎を築いていることを明らかにした。そしてETHはETCに一部の資金支援、ピースブリッジへのサポートを提供する。また、Virgil GriffithはIOHKチームのMantisクライアントを開発することに興味を示した。

ETCアジアのコミュニティマネージャーChristian Xu:ETCアジアのコミュニティが徐々に拡大

昨年9月4日以降の各政策は、各ブロックチェーンのプロジェクトがアジア地域での発展に影響を与えているが、ETCアジアのコミュニティメンバーの情熱が消えなく、コミュニティ規模は徐々に拡大している。アジアコミュニティのメンバーがETCを気に入る理由は、ETCブロックチェーンでスマートコントラクトを配置できる、そして価格と転送スピードで、ETCはチェーンでの操作がもっと便利だ。

現在、ETCはIoTの分野で配置している、かつIoT分野には明確な計画路線図がある。終始一貫して非中央集権の精神を求める;現在市場価値でETCが過小評価されている、など。アジアのコミュニティユーザーが最も好きなETCのプロジェクトは、ほぼエメラルドプラットフォーム、サイドチェーン、SputnikVMなど。

ブロックチェーン業界の成熟につれて、その技術の後ろにある経済的潜在力は必ず世界の注目を集めてくる。ETCは長い歴史を持って、ユーザー数が多く、最も純粋なブロックチェーン精神、革新的な能力を持つメインチェーンである、このETC年度サミットは大きな影響力があって、幅広いスーパー盛会になる。大会が終わった時、IOHKチームの創始者兼CEOであるCharles Hoskinsonは、我々にETCの未来図を描いて、ETCがきっと飛び上がるに間違いないと予想した。同時に、ETCはもっと多くのユーザー、世界リード技術と開発、金融投資、デジタル資産、政策監督機構などと共に歩んでいくことを期待している。

 


 

Telegram : https://t.me/etcjapan

Twitter : @etcjapan

 

Tags : featured