close

IOTAとETCの競争――1980年代のビデオ戦争が再来?

IOTA vs. ETC —— 是否会重复80年代录像带格式技术之战?4

科学技術の発展につれて、IoTは明らかに未来の発展傾向となっています。つまり、我々は新しい時代を迎え、人工知能の力でマシン間の通信が正規化される世界に入っていきます。

現在、IoTを実現できる最も有望な技術はブロックチェーンとDAGです。この2つの技術から生まれった仮想通貨プロジェクト――ETCとIOTAがIoT市場で互角に競争しているところです。

IOTAがIOT市場にとっての最大メリットとは、トランザクションが無料であることです。IOTAの理念によると、数百万のIoTデバイスが互いに通信できるとなったら、トランザクション料金を必要としないマイクロトランザクションが最も理想的なことです。その一方で、ETCはスマートコントラクトがIoT通信の核心であると考えています。よって、ETCのチームは、自動実行できる持続可能なスマートコントラクトを作成することが、IoT成功の基礎であると信じています。

上記2つのプロジェクトの技術競争で、多くの人は1980年代に起きたビデオ戦争を思い出さざるを得ません。当時、いくつかの企業はホームビデオの新興市場が大きな可能性を秘めたと認識して、この市場を奪取したがっていました。しかし、視聴者からサポートを得るために、どの技術を使うべきかというのは大問題となりました。その時、この領域ではBetamaxとVHS という2つの核心技術がありました。Betamaxは、高解像度と良好な音質をユーザに提供するビデオフォーマットであるが、VHS技術はより長い録画時間を提供できます。結局のところ、テープを交換する必要がない長時間の視聴というのがユーザーにとってもっと重要なので、VHS技術の勝ちとなりました。

ブロックチェーンとDAG技術の競争は1980年代のBetamaxとVHSの状況によく似ています。IOTAの基礎となっているDAG技術はトランザクション無料のメリットがありますが、中央集権化やセキュリティリスクなどの欠陥もあります。ETCはブロックチェーン上のトランザクションが無料ではないが、ネットワークのセキュリティとスケーラビリティが高いという利点を持っています。では、無料なトランザクションと安全なスマートコントラクトとは、どっちがIoT技術の開発の焦点ですか?

現在の状況によると、安全なスマートコントラクトは、IoTの未来となる可能性が高いです。IOTAチームでさえ、IoTの発展におけるスマートコントラクトの重要性を認識して、Qubicを通じてスマートコントラクトに関するソリューションを作りたいと考えています。スマートコントラクトはIoTの将来の発展傾向であり、これからIoT市場を支配する可能性が高いということが明らかになりました。

 

市場調査会社「Grand View Research(グランドビューリサーチ)」のデータによると、全世界の産業用IoT市場は2025年に9330億ドルに達すると予想されます。ETCは、IoTの発展に不可欠なスマートコントラクトのブロックチェーンプラットフォームとして、未来が明るいです。ETCは長期保有に向いている仮想通貨の一種であると信じています!

 


 

Telegram : https://t.me/etcjapan

Twitter : @etcjapan

 

Tags : featured