close

ピースブリッジ:ETCとETHのかけ橋

和平桥:连接以太经典和以太坊

Gas料金が上がって、ブロックチェーンで取引コストも高くなった。ETCとETH開発チームが共同で、ETCとETHを結ぶ橋ーーピースブリッジ(peaceBridge)を開発することによって、高額なGas費用の解決、デジタル通貨の取引量を向上させることを望んでいる。それは信頼いらないカストディアンを導入して、共同署名をモニターチェーンとして、2つのチェーンでクロスチェーン取引を検証されながら、gasの消耗コストを低減される。この技術は、9月12日の韓国ETC大会で正式に発表する予定だ。

 

現在、ETCコミュニティは「ETC→ETH」を例として、「ピースブリッジ」とは何かを簡単に説明する。

ベッティング、コインの生成、預金

1a)委託者は、ETCのα個をETCブロックチェーンでのDepositContractに保存する。DepositContractの中で、ユーザーが元仮想通貨(ここではETC)を保存するのはオフチェーンで取引するのためだ。αは、depositCapを定義しており、DepositContractまでにETCの最大限度額を保存できるということを示している。

1b)委託者は、ETHブロックチェーンでTokenContractを設置、そしてERC721トークンをを生成する。毎回ERC721 TETCトークンの1コインを生成できる。ERC721はETHの生態でトークンの互換性、流通インタフェイスの規範である、不可分割性と唯一性という特徴を持っている。いずれのERC721によって生成されたトークンには、tokenIdが唯一のマークとして、不可分割性を持っている。

DepositContractとTokenContractが建てられて、depositCapも設置されると、ETCはTETCの間に両替ができるようになる。

ご注意、ユーザーは必ず、DepositContractに保存する前、もしくは同時に、TokenContractを実行して、トークンを生成しなければならない。このようにして他者が公開された預金を悪利用され、自らのトークンを無償で生成することを防止できる。

コインの生成と保管プロセスは次の通り:

2a)Aliceはx個のETCをTETCトークンを両替したいETHで使用する。そのため、彼女はETHブロックチェーンのTokenContractでx個のTETC-Aを生成した。ご注意、TETC-Aは不可分割性を持ちERC721トークンであり、そして唯一のtokenIdが持っているはず。

2b)AliceはETCブロックチェーンのDepositContractでxのETCを保存し、そして彼女がコインの生成を宣言した。

 

 転送、共同署名、モニターチェーン

  1. Aliceは、TokenContractへ要求を送信、TETC-AのトークンをBobに転送、それに今declaredNonce = 1。もし彼女のチャージが認められると、 TETC-AのtransferNonceが0から1になる。transferNonceトークンは生成時に0に初期化され、そして毎回転送時に後ろで+1に承認されて、このようにしてモニターチェーンで進捗表を形成する。

2.委託者はAliceのチャージ要求を許可し、transferNonce = 1になる時、TETC-Aのチャージ取引を署名する。

3.TETC-Aの所有権はBobに転移成功。tanferNonesは1を累加して、TETC-Aが一回転移することを示した。委託者がAliceのチャージ要求を許可する前に、Aliceはいつでも考えを変えて、TETC-AをBobに転移の取引を撤回できる。

引き出すとチャレンジ

引き出しの時、TETC-AによってDepositContractの中でwithdraw()からデジタル資産を引き出すことができる、例えばAliceが保管したETC。引き出したい人は、必ず次の情報をDepositContractに提供しなければならない。

・uint256 _tokenId, TETC-Aトークンの唯一のマーク

・bytes32[] _rawTxBundle, _たくさんのwithdrawalTx,_lastTx, _custodianTxに関わる情報

・bytes32[] _txMsgHashes, _rawTxBundleのハッシュ値

・uint256 _declaredNonce, TETC-Aが転移される回数

 

もし引き出しのお申込は、委託者とトークンの前の所有者と共同で署名されると、DepositContractのチャレンジ期間がスタートとなる。この期間中に、引き出し人が相手に悪意のある詐欺行為があると思われる場合、誰でも証拠を提出してチャレンジすることができる。チャレンジに成功した人は、証明された詐欺行為がある人の奨励金額分も一緒に獲得できる。

ただし、チャレンジする前に、挑戦者は必ず挑戦される者の出し分の20%をベッティングする必要があって、挑戦される者のgas費用を負担となる。こうすれば、ネットワークの通信速度を下げるような理不尽な挑戦や、悪意のある攻撃を防ぐことができる。

 

次の表は、挑戦者の応答とdeclaredNonceの関係が表示される。

declaredNonce

挑戦に応じえる
declaredNonce の前もしくは只今発生している

(declaredNonce <= transferNonce )

挑戦者は必ず取引があるnoneがdeclaredNonceより大きい、引き出しの人が既に諦めることを証明しなければならない。
declaredNonce未来にある

(declaredNonce > transferNonce )

挑戦者は、declaredNonceとtransferNonceの間の取引を詰め込める証拠を提供しなければならない。引き出しの方がが返事がなければ、チャレンジ成功。

 

また、いつでも同じトークンが同じnounceの場合、委託者が複数の(1回以上)取引を行った上で、DepositContractを通して委託者が不正な二重署名を証明することができる。

 

不正な二重署名は次のような処分される:

委託者の分から、x個のTETC-Aトークンと等量のETC預金を削減される。また、二重署名回数が増加するにつれて、委託者の二重署名の不正行為に対する処分の程度も強くなる。

9月12日の韓国ETC大会では、「ピースブリッジ」の技術がより詳しく、具体的に説明し、興味がある人はぜひ参加してください。

 

翻訳元:

https://medium.com/akomba/peace-bridge-connecting-ethereum-classic-and-ethereum-e306df01159f

 


 

Telegram : https://t.me/etcjapan

Twitter : @etcjapan

Tags : featured