close

ETCの本質を徹底探索!

深度思考,ETC的本质是什么 封面

 

イーサリアムクラシックやイーサリアムのオリジナルチェーンとも呼ばれるETCは、誕生から現在まで価格の乱高下を経験し、マイナー達による「51%攻撃」の脅迫も受けましたが、今は驚異的な活力を示しています。

この記事では、ETCの本質が何であるかを哲学の視点から話し合います。

1.人々の支配または法の支配?

「コードは法律」という理念がビットコインのイノベーションとなっているのは金融機関システムと人間の本性に疑念があるからです。その理念によると、人間は互いに信頼しなくても価値の移転を完了できます。ビットコイン今の総合価値(1200億米ドル以上)も社会がビットコインへの期待を十分に証明できます。

一方、「The DAO事件」が起きた時、イーサリアム財団はハードフォークを実行し、2つのチェーンを立ち上げました。もしブロックチェインは任意に変更できるなら、それはプライベートデータベースとほぼ一緒ではないですか?

プライベートチェーンとコンソーシアムチェーンのコンセプトもよく耳に入るけど、今自分の社会的な価値を証明できたのはパブリックチェーンだけです。ETCとETHの主なアイデアの違いは「人々の支配、それとも法の支配を支えるのか」ということです。

2.希少だからこそ価値がある

ハードフォーク以来、ETHはETCの金融政策と違う道をたどっていて、現段階では上限がなく発行しています。ETCはすでにオーストリア学派の伝統に戻っており、ビットコインの方法を参考し、発行量を減らして、最終的な発行枚数が2.3億を超えないようにしています。希少性がなければ、仮想通貨と法定通貨の違いはなくなるでしょう。マイナーはただ現実世界の中央銀行となるのではないでしょうか?

仮想通貨はまさか各国の中央銀行が民衆の富を奪うために紙幣を大量印刷しているような道を進むのか?さらに恐ろしいことに、ETHは今通貨政策さえもない。特定の政策は、POSに移行して後決められます。しかし、この通貨政策を決めるのはまた中央集権型のイーサリアム財団でしょう。

仮想通貨の支持者にとって、必要なのは明確な予想図です。ETCの発行量制限制度をサポートしてください。

3.POWとPOSの戦い

POWもPOSも仮想通貨の核心と見られるコンセンサスアルゴリズムの一種です。POWとは作業証明に基づくアルゴリズムで、市場によって最高のシステムであることが証明されています。主要な仮想通貨の中では、80%の基礎はPOWです。POSを最初に提案したPeerCoin(ピアコイン)はもうほとんど消えてしまいます。持っているコインがより多くのコインを生じることにおけるマタイ効果は貧富の二極分化を招きます。

公平とは一体何だろう?結果の公平を保証できなくても、アルゴリズムの公平を確保すべきです。POWの場合、マイナーはいつでもマイニングを始めたり止めたりすることができます。しかし、POSの場合、後から入る人には参加する機会が全くないです。さらに、ピアコインの例を見て分かるはずでしょう。ホットウオレットを通してオンラインマイニングを行うのが重大な安全問題とハッキングを招きやすいです。経済学と暗号学の観点から考えると、POSはいつか必ず崩壊するでしょう。

ETCをサポートするのは、POW制度をサポートするようなものです。

 


 

Telegram : https://t.me/etcjapan

Twitter : @etcjapan