close

独占インタビュー:Etc未来の道(三)

独家访谈:ETC未来之路(三) 封面

(前文の続き:独占インタビュー:Etc未来の道(一) & 独占インタビュー:Etc未来の道(二))
RD:公式な情報によると、今後イーサリアムクラシックは、POWアルゴリズムをずっと使いますが、POSアルゴリズムを使いません。一方、ETHチームは将来POSアルゴリズムを使用することを示しています。その時、マイナーはほかの仮想通貨を掘ることしかできません。あなたはETHマイナーがどの仮想通貨を掘ると思いますか?イーサリアムクラシックのハッシュレートは変化しますか?このマイナーたちは変わてイーサリアムクラシックを掘りますか?

Darcy:マイナーが一番配置しやすい原則として、ほかのデジタル通貨のプールで計算力を比例配分して、利益を最大化すると私は思います。我々はディフィカルティボムを除去したことだから、従来のマイナーは簡単でETCマイニングプールに切り替えます。そのため、ETCの計算力が増えると思います。

RD:最近、ビットコイン大陸では、既にイーサリアムクラシックのASICを開発されました。コミュニティは相応の措置をとってASICを拒否しますか?例えば現状のまま、ASICを拒否しない場合、イーサリアムクラシック発展の利害関係にはどう思いますか?
Darcy:今はまだ正確なデータは見ていません。我々が注目しているのは、ビットコイン大陸は世界の唯一のASIC仕入先である。たとえ我々は今拒否しなくても、ASICにも賛成しません。でもASICの市場で追いつ追われつの局面を見たいと思います。我々の立場は、パニックに陥れない、常にハッシュレートの変化に注目し、コミュニティが提供するデータやフィードバックの情報によって更正されます。

Anthony:Darcyの見方に同意します。ASICを拒否するのは損のほうが大きいです。このままでは、ASICの計算力がほかの採掘機より高くなることで、結局マイニングの中央集権化になる可能性があります。もし多くの採掘機メーカーがこの戦に参加すれば、市場でEthash採掘機のハードウェアが多くなって、ネットで非中央集権の度合いも高くなります。なので、採掘機メーカーと打ち合わせをしたいと思います。

間もなくETCが爆発する

ETCはThe DAO事件で生まれたもので、ビットコイン、イーサリアムのような主流なデジタル通貨になるのはまだ長い道のりがあります。
安心なのはETC開発チームが孤軍奮闘ではなく、最近チームはDFG、DCG、HCMの3つの大手から5000万ドルの投資を得て、ETC協同組合がDFGから25万ドルの寄付を受け、ETCの発展をサポートします。これはいずれもETCが飛んでいくということを示します。

 


 

Telegram : https://t.me/etcjapan

Twitter : @etcjapan